kuraruk.blog

見聞きして考えた事を綴ってます。趣味です。

空の底

夢なんだけど。

 

見下ろした景色は、空の底のようだった。

見下ろしているんだけど、見上げているような錯覚になる。だまし絵のような世界。

青々とした木々の中心部に小さな湖。

その水面に映る空は、雲の流れを時の流れを映し、1秒たりとも同じ表情は無い。

 

「うわっー!日本にこんな場所あったんだ!!」

と夢の中なのに叫んでる。

 

この景色を収めたいのに、収める機械を麓に置いてしまってきた。

 

「取ってくる!」

と同行していた知人2人を残し、登って来た道を駆け降りる。

 

駆け降りた先は地下鉄のホーム。

ダンジョンのように入り組んだその中からコインロッカーを探す。

 

そうか、これは夢か。

 

と思ってしまって目が覚めてしまった。

もう一度、空の底には行けるだろうか。

それとも現実で見えるのだろうか。

そんな感じ。

そういえば何も知らない

f:id:kuraruk:20170620183423j:image

先日、こんな場所を発見して。
諸事情により、トイレ休憩と周りをブラついただけなんだけど、すごくB級スポットだったな、と。

「何で、"イングランドの丘"なんよ?」
「日韓W杯の時の名残りよ。」
「ぁ、、、合宿地か!」
と従兄と会話をする。

そうだ、そうだ。
この国では、全国各地に2002年の名残りがあるのだ。

ぉ、じゃあそういえば、2020年ってどうなるんだっけ。東京五輪

インターネットの海にダイブして、それとなく回遊する。
「選手村とかどうなるんやろ」と思って探してたのだけれど、ふと目に止まる。

一通り目を通したんだけど、何これ。めちゃくちゃ面白い。

成されている意見はもちろん有識者の物なんだけど、各々の立場・視点・経験で話し合いがされていて、ちゃんと資料として残っている。

それを一般市民である私が読んでいる。

議事録の中身もそうなんだけど、そのフローさえもめちゃくちゃ面白い。
参加してないのに読めちゃうじゃん。
しかも、割と口語で議事録が残されているんだなって。
ある種の議事録の勉強にもなる。

なんなら、各委員会毎の議事録の形式も面白い。
明朝体・ゴシック体・行間・文字間、全部バラバラ
読みやすいと読みにくいが混同している。

でも、これは私にとっての感じ方であって、議事録をまとめた当事者方にすれば、それぞれの読みやすいかもしれない。
業界が違えば、そこに沿った形式もあるのだから。

議事録の向こうに、この資料をまとめた人がいるんだな、って思うと、それもまた面白いんだよね。
AIが発達した世の中になれば、これをする仕事もなくなるのかもしれないけれど、人が見えてくる、っていう事がめちゃくちゃ面白い。

 

情報って手に取らないだけで、そこらじゅうにゴロゴロ落ちているんだな、って。
まだまだ何も知らない。もう少し掘ってみよう。