kuraruk.blog

見聞きして考えた事を綴ってます。趣味です。

それでも飛び続ける

f:id:kuraruk:20171011125629j:plain

それは東北での出来事だった。

私は、遅めのモーニングを食べに行くために、一回り年上の友人夫妻の車の後部座席にいた。前日の夜は、しこたま酒を飲み、珍しく酷い二日酔いであった。多少のちゃんぽんは良いが、日本酒とワインは合わせるものでは無い。
酔い止めを服用し、これでもかというほど水分をとり、車に乗り込む。

道中は、夫妻と会話をしながら、瞼がくっつきそうで、常時うつらうつらとしている状態。

 

ふと、目を開け、空を眺めてる。

左方から白鳥が飛来してきて、「あぁ。さすがに広大な田舎道に、こんな立派な白鳥が飛んでくるなんて、絵になるもんだなぁ。」とボンヤリ思っていた最中であった。

 

鈍い音が響き、奥さんが悲鳴をあげ、サイドガラスを上げる音がする。

 

一瞬の出来事であった。白鳥が車にぶつかってきたのだ。片翼が車内に入りそうになり、びっくりした奥さんは、悲鳴を上げながら瞬時の判断でサイドガラスを上げていた。

その一部始終を後部座席で見ていた私は、びっくりしながらも、視界の右方へ消えた白鳥を追う。ぶつかりながらも翼を羽ばたかせ、視界を左から右へ移動している。その羽ばたきは、何故かスローモーションのように捉える事が出来た。
視界から消えたので振り向いて、リアガラス越しに探したけれど、それは既にどこかへ消えた後だった。私の視界には、広大な空と田園が広がっていた。

 

「わ〜びっくりしたぁ!!!」
「だ、大丈夫でした?」
「いやぁ〜白鳥って車にぶつかってくるもんなんだなぁ〜皆、大丈夫?」

煙草をふかせながら旦那さんが言う。ハンドルをしっかり握っていたおかげで、車がスリップするといったような事故にはならなかった。

 

それからお店に着くまでの道中は、あの白鳥の話で持ちきりで、あっというまにお店に着いた。車を降りて、ぶつかった部分を皆で確かめると、白っぽい粉が付着していた。白鳥の羽はモフモフしていそうだ、血が出ていなくて良かった、なんて話で店内でも盛り上がる。

 

そんな話の最中、私は、あの白鳥はそれでも飛び続けたんだなぁ、という事をふと思った。

かなり鈍い音がしたので、骨が折れたとまではいかないけれど、捻挫のようなものはしているだろう。保護したり手当しようにも、視界から消えてしまったので、彼は自力で治すしかない。
突然のアクシデント。だが、彼は倒れるでもなく、こちらに敵意を向けることなく、飛び続けた。

 

それだけは変わらない事実である。
それは何だか、日常のいろんな物事に当てはまるような気がした。
そういったことを遅めの夏休みの中で感じたのであった。

f:id:kuraruk:20171011125654j:plain

過去と今と未来と #5 〜本と会話

 

思い出したら、思い出になった。 (ほぼ日ブックス)

思い出したら、思い出になった。 (ほぼ日ブックス)

 

 

この本を実家に置いてきた。

献本のような形でいただいたもので、本来手元に置くべきかもしれないが、何か実家にいる両親に響けば良いなと思って。

この本の中で、糸井さんが「過去」「現在」「未来」を綴った節があり、自分の考えと非常に近しく、なんだか嬉しかった。

 

 

*****

 

 

「ちょっと高級なクラちゃんだね!」

「あぁ。ちょっと高級なクラだなぁ。」

「えぇ。。。ちょっと高級な私ですね。」

 

オーダーメイドのワンピース。

生地はタグに付けられた数種類から選ぶ事が出来る。

そのタグに値札は貼られていない。

 

値札の無いワンピースほど怖いものは無い。

ただ、私を含めた3人とも、私に似合ったゆるっとしたワンピースがある、と認識していた。

自分でも着ていそうな、かつ人から見ても着ていそうだね、と言われるものに久しぶりに逢えた。

オレンジ色の洋服以外で。

 

 

*****

 

 

実家にいると、何故かいつも以上に眠れる。

 

私は睡眠が好きだ。

自分の枕でないと眠れなかった人間は、いつでもどこでも眠れるようになってしまった。

その反動か、いざ自分が多くの時間を過ごしていたベッドの上で何事もない状態でいると、いつも以上に眠ってしまう。

枕と布団に身体が貼りついたような、そんな。

 

睡眠は、夢の世界へ誘う。

夢とは「過去」のパーツを寄せ集めた「現在」とたまの「未来」だと思う。

ある種の希望であり、警告だ。

さすがに連続で死ぬ夢を見るのは、怖いけど、吉夢扱いされているので、前に進むしかないのですよ、こればっかりは。

「それじゃあ、また帰るね。」

f:id:kuraruk:20171006104117j:plain
私はそんな言葉を呟いた。
目の前の父は、「あぁ、分かった。待ってるな。」と変わらない調子で言った。
大阪で父と美術館に行き、別れ際に行った会話。

そんな言葉をふと、旅先で思い出した。
写真の夕暮れは、初めて訪れた東北の石巻で見たそれである。


***


私が大学進学する前、地元で18年間過ごしていた頃の話。
父の趣味といえば、専らギャラリーを巡る事。休日の日中は家におらず、1人、街を徘徊する。
美大受験を表明した15歳から3年間、私はたまに、父に同行して物を見続けた。

私の物の見方のベースは、彼の物の見方から来ており、彼から教わったとように思う。
美術品、工芸品、デザイン、プロダクトと千差万別問わず、地元で見れる限りの物を見ていた。こちらに出てきてから、より一層強く思うのが、地元で見れる物はやはり限られてくるという事だ。その限られた中で見るべき物を見ていたのだろうと思う。

父に「何故見るのか」と問うと「線の良さを知りたい。見なければ始まらない。」と返事が返ってくる。
ジャンルを問わない物の見方は、最終的に彼の作品の肥やしになるのだ。私が知りうる中で、彼はインプットを習慣というか、呼吸をするように出来ていた男である。

何故こんな話を綴ったかというと、先日、友人の友人(直接お会いした事はない)がとても良いブログを書いていたので、少し影響されたからだ。
個人的にとてもシャンとしました。是非、ご一読を。

 

f:id:kuraruk:20171006104239j:plain

旅先で訪れた岩手県立美術館の館内写真。とても広くて素敵な場所だった。

「これは自分の趣味だわ」と自覚している1つとして、「美術館鑑賞」がある。
もちろん展示している内容を見る事が主目的ではあるが、その展示を告知するためのフライヤー・ポスター、展示構成、図録、関連グッズetc。そして美術館自体の建築、館内の導線、ギャラリーショップセレクトetc。それらを含めて「美術館鑑賞」だと思っている。
全部を知る事で、ここはこうなってるんだなぁ〜って考えるのが好きなのです。
パーツと全体を行ったり来たり。脳内をゆりかごみたいに揺らしながら、全部を味わうのが楽しいのです。


***


大筋が逸れたので戻す。


「それじゃあ、また帰るね。」

という言葉を吐いた後、遅めの夏休みを使い、日本の東を行き来して京都に戻ってきた。
今回の旅は、「遊び倒した」という言葉がまさにふさわしく。
どう「遊び倒した」かと聞かれると”人との会話、旅先での土地と体験の中で、学びと気づきが多く、楽しみながら遊べたんだ。しばらく出来ていなかった事を徹底的に出来たんだよ。”と返すんだろう。

そして、そんな言葉を今一番に伝えたいのは、父であり、母であり。地元に残した両親なのだ。
この旅は、ある種、自分のルーツに捧げた旅であり、両親へのリスペクトを込めた旅だったかもしれない。

仙台で、10年来付き合いのある一回り以上も年上のご夫妻のお宅に滞在した時、「あぁ、両親のこういう姿を後何回見れるのかな。」なんて思うのだ。
元々、予定があって、今週末に帰省する予定であったのだが、より一層両親が恋しくなる。

f:id:kuraruk:20171006104324j:plain

帰省する度に、どんどん老いる両親を見る。
一緒に居られる時間の少なさを感じると共に、この空間で”生活”をする事はないのだなぁ、と思う。

私は、今の働き方なり生き方なり、そのスタンスを気に入っていて、より良い発展は望むし変わっていきたいと思うのだが、これ以上水準を下げたくはない。
つまり、地元に腰を据えて”生活”をするという思考は無いのだ。
ただ代わりに、地元で仕事を生み出し、定期的に行き来はしたい思いはある。それは自分の動き次第だ。
最早、待ってるだけでは、つまらない。何も変わらない。

地元を出て1人で生活するという事は、「家族」というチームから抜け出したようなものなのだ。
弟も含めた4人で成長しあっていた組織から抜け出し、新天地で新しい関係を生み出し続ける9,10年を過ごしている。
そして実家に帰っても、古巣のチームに温かく迎えられている。そんな感覚。

”「家族」とはチームである”という考えがとても好きで、いつか誰かとこれからを過ごすなら共闘出来るチームでありたいと思う。
スポーツ観戦が好きな私なりの発想だ。
だから、たまに戻る事が出来る古巣チームでも、何かしらの貢献が出来るようにチームに対して働きかけていきたいものなのだ。

なんだかそういった事を再確認出来たような。そんな遅めの夏休みだった。ただの良い秋だった。

***


最後に父娘の会話を残しておきたい。

娘「あれ。今日は、xxxxxさん(父の大学時代の友人)のとこに泊まるの?」
父「いや。夜のバスで帰る。」
娘「おぉ、還暦手前のおじさんなのに、よくやるね。」
父「それだよ。」
娘「どれよ。」
父「還暦手前。」
娘「?」
父「母さんに言われたんだ。『還暦手前のおっさんが、いつまで友人の家に泊まって良いと思ってるの。』って。あの人は、遠出するにも絶対ホテル派だからな。誰かのところに厄介になる文化はないんよ…だから、今回は帰る。」
娘「…...今から、各地の友人を訪ねて、厄介になろうとしている私は。。。」
父「まぁ、完全に俺の子やな。最近、xxxさん(祖母)の遺品整理で、俺が20代の時の写真が出てきたんだけどさ、笑った顔がお前そっくりなんよな。いろいろ気をつけなや。」
娘「うぅ。まぁ、でも、私は親父のクローンじゃないわけさ。母さんの血が入ってるし、私は父さんとは違うベクトルを持った物の見方も出来ている。似ていても、私は私なんよ。」
父「それもそうな。」
娘「まぁ、そういう事です。」

まぁ、そういう事なんです。

昔から友達みたいなフラットな家族だなぁ、とは思っていたけれど、この年齢になってする親子の会話はまた良いものだ。

さて、今度の帰省で、何を語ろうか。