kuraruk.blog

見聞きして考えた事を綴ってます。趣味です。

THINK

誰のための言葉

その日、その時間、その場所で。どんな出来事があるのか、誰と出会うかなんか、その時になってみないと分からない。久しぶりにそんな体験をした。 その日は、友人に貸していた漫画を返してもらいがてら、二人でご飯を食べていた。 カウンター席しか空いてお…

延々としたループ

近所にたまに通うご飯屋さんがあって。家庭料理を提供してくれるそのお店は、一軒家の一階で営まれている。職業柄、夜遅く帰宅する事が多く。料理をする気は無いのだけれども、どうしても暖かいご飯が食べたい時にフラッと行く事が多い。近所にある事は知っ…

それでも生きる / 「この世界の片隅に」を観た

はじめに 見て感じた事や気付き、個人的な感想を連ねているので、ネタバレを含みます。相変わらず長文です。ふふふ。 今年は映画館に足を運ぶ度に「劇場で観て良かったなぁ」と思う映画を数多く観れた年でしたが、話題の新作の中では今年一だったように思い…

ドーナツの穴

”人は何かを埋めるように何かをする事がある” そう思ったのは何時だったか そう自覚したのは何時だったか 人間誰しも空虚たる時間は持っているものだと思う ポツリと虚しくなる瞬間は私にだってある 虚無感は何時何処で訪れるか分からない 私達の心はいつだ…

あの日の思い出を更新する

後日改めてまとめる事にするけれど、先ほどまで福岡県にいた。 街を訪れるのは、3度目。 前回、天神の呑み屋で「私、何で今ここにいるんですかね。」と教師となった裏ボスと引退してしまった編集長に慰められながら、楽しさ3割、悔しさとせつなさ7割という、…

0 to 1 | to -> 間 | 間の捉え方 | 間とは曖昧なもの

日々を過ごしていると、季節が極端になってきたように思う。 端的に言ってしまうと、「秋」が無い。あっという間に終わってしまったように思う。今日は"立冬"だ。 寒さ的な話をすると、1週間前から京都は「冬」の装いだ。京都に戻る度に身に纏う装備を変更し…

終わらない文化祭

ああいう行事はめんどくさいとおもうけど、クール気取りで参加しないと大人になって後悔するからその時期恥ずかしいと思うことほどやっといたほうがいいよ 結構そのときの行動があとあと自分に影響を及ぼすしね 自分が漫画描いたり色々挑戦できるのは高校の…

3年目の備忘録

行きつけのカフェというか酒場というか。そんなお店がある。 お店が出来る前のDIY工事から手伝っていたので、付き合いは3年以上になる。 天井の壁を剥がし、木材を水で洗い流して綺麗にして、トイレの壁に貼った。コンクリートを練りこんで、壁にペタペタと…

「映画ごっこ論」と「旅」

「よく、『映画ごっこ』をするんです。」 「『映画ごっこ』?」 「自分と好きな映画の主人公を重ねるんです。あの主人公なら、夜更かしはしないだろうとか、暴飲暴食はしないだろうとか。外に出る時も『衣装を着ている』と思っていて、だからダラシない格好…

息の抜き方

7年来の付き合いのある友人から連絡があった。 一つ下の彼女は、大学の後輩であり、新卒時代での後輩でもある。職種も近しく、先輩後輩という関係性だが、家が近所という事も相まって、気軽に誘える友人の一人だ。仕事にしろ、日々の動向にしろ、好きな物事…

交差する時間

# 先日話をしていた友人の文章に感銘を受けて、# うんうんと頷いてしまったので、後追いのような形で書いてみる。# (許可貰い済) 先日、友人のブログを読んで、「いや〜そうだよね!そうなんだよね!」と共感してしまった。私はこの文章を書いた彼女が好き…

「わたしたちの文字づくり」のお話を聞いてきた

# すぐに綴って残しておかないと記憶が劣化してしまいそうなのでまとめておく 京都文字塾展 - なかよきことはおもしろきかな -のトークイベント「わたしたちの文字づくり」に参加してきました。 「トークの内容は、SNSなどには上げないでください。」と言わ…

呪 to 祝

先日、「シンプルな呪い」という展覧会のDMをいただいた。 このDMは、手に取らないと分からない良さがある。 口偏は裏側にあったり、特殊加工が施されていたり。 是非お手元で見る機会があれば◎ DMとサイトを見て、 「呪」という文字を分解しているところが…

月日を重ねる毎に

気付いたり学ぶものが多くなってきて 会えて良かったなぁと 思う人が増えてきた 特に同世代前後 昔から大人ばかりに目がいっていて 職員室で先生達とめちゃくちゃ話す子ども時代を送っていたし 割と身体弱くて「早めに死にそうだなぁ」とか思ってたのだけれ…

もうこれが最後を繰り返している

# 車窓から見える雲が # 鳥が羽ばたいてるように見えて綺麗だなぁ # と思ったので # ぼーっと脳内整理してる 「もうこれが最後です」 きっとその言葉は永遠に続く 最後なんてきっとない 要はどこまで 「許容出来るか」 なんじゃないかな って ぼーっとフッと…

TOKYOTO2008

「よし、東京に行こう!」 「「「「 ???!!! 」」」 「いや、急過ぎるでしょ。」 「授業どうするの」 「調整しようよ。とにかく行かない?行かないと始まらないでしょ。行けるメンバーで行こうよ。」 「私はパス。バイトと授業。」 「うーん。私もやめ…

脳内備忘録:「話す」

# あくまでも脳内整理 今でこそ「サシで話す」という事は好きだけど、地元にいた18年間、というか、20歳になるまで、とても嫌な事だった。 誰かと絡むにしても3人以上なり、1対1になる状況をなるべく作らない。 誰かと誰かの繋ぎ役である自分はそういう役回…

"親友"の話

日本中から、いや世界中から千人の「ともだち」を探すのは簡単になった。ただ、たった一人の「親友」を見つけることについては、昔もいまも、なんにも変わっちゃいない。 — 糸井 重里 (@itoi_shigesato) 2014年6月28日 こんな一節を先日読んでいた本を読んで…

弟が生まれた日のこと

私は覚えている。 当時4歳だった私は、父親にデパートのゲームセンターに連れて行ってもらってメダルゲームをしていた。 何のゲームかは覚えていないが、確かメダル。もしかしたら、ワニワニパニックかもしれない。 母が弟の出産の最中、退屈さに痺れを切ら…

シン・ゴジラ見た

シン・ゴジラ × 映画の日 × レイトショー × MX4D = 最強最高?!というプラン考えてる— KURA (@KurAruK) July 31, 2016 というわけで有言実行。 とにかく今年一番最高の映画。(私の中で8/2暫定)ネタバレを怖がる前に、迷わずに映画館に足を運んでください…

元気で笑顔でいましょう

これまた この土日は いろんな場所に足を運び いろんなものを見た 2年前に出会ったあの子と無病息災を祈りに。 彼女は来年京都を去る。もう決まってる事なのだ。 「あの日の出来事がなければ、今こんな事には、仲良くなっては無かったですよね。染み染みと。…

興味がある人とは本屋に行きましょう

# 自論です。 # 自分の脳内整理なので特にオチは無いです。 例えば会って2,3回目の人、 知人や友人の友人、知人です、と紹介されると、 「えっ、この人と何の話をすれば良いのやら…」 というタイミングは必ず訪れる。 男でも女でも。 そんな時、私は 「最近…

Moves

"Moves"というアプリをご存知でしょうか。 スマートフォンを起動させておくだけで1日の行動を記録するアプリです。 アカウント登録はしていないのだけど、この日はどれくらい動いたのかな〜って思って、ふとしたタイミングでたまに見返す。 ちょうどこの日…

いつだって青い春は来るらしい

社会人5年目にして遅れてきた青春をしてる気がする。 いや、遅れてない。これもこれで一つの青春の様な気がしている。 学生時代の私というのは、今と変わらず自由奔放なんだけど、今よりも、どこか一線を画していたように思う。 馴染みたいのだけど、どこか…

雨の始まりは、いつも綺麗な音がする。 私の生まれ育った鳥取という場所は、「砂丘があるから常に晴れてるんでしょ?」と思われるかもしれない。 しかし実際は、晴れの国、岡山の雨雲を中国山地で回収して鳥取や島根で雨を降らす、といった土地柄的にしょう…

呼吸

久しぶりに喉風邪をひいている。 息をしようとすると咳が出る。 咳き込んで喉が痛い。 咳が出ないように息をしようとすると「呼吸」という行為に意識が集中する。 普段、そんな行為に意識が向けられる事はないけれど、 「あぁ、そういうリズムで呼吸すれば、…

京都に住んで8年経ちました

気づけば京都に住んで8年経ちました。(9年経ったと思ってた。) 鳥取を出た当初は、この街にこんなに長く住む事になるとは思ってもおらず、正直、自分自身驚いてます。 大学を卒業して、今日から社会人5年目。 いろんな経緯があり転職をして、現在3社目です…

あの日、どこにいましたか。

私は、とある会社の一次試験を受けるために、 大阪の高層ビルの20階にいました。たぶん20階。たしか20階。約20階。 そうです。就職活動の真っ最中だったのです。 大学3→4年に変わる春休み。 ちょうどその頃、所属していたコースで行ったイベントをまとめた冊…

はじめに

思うところがあり 新しくブログを立ち上げてみました。 主に「お題」やら外部に向けて伝えていきたい事を このブログで書いていこうと思います。 どうぞよろしくお願いします。 2016.01.21 /// id : kuraruk