読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kuraruk.blog

見聞きして考えた事を綴ってます。趣味です。

Moves

f:id:kuraruk:20160712104734p:image

"Moves"というアプリをご存知でしょうか。

スマートフォンを起動させておくだけで1日の行動を記録するアプリです。

アカウント登録はしていないのだけど、この日はどれくらい動いたのかな〜って思って、ふとしたタイミングでたまに見返す。

ちょうどこの日は東京にいて、泊めてもらった友人の家から、美術館やギャラリー、知人の会社から尊敬するお姉さまのお宅訪問まで、むちゃくちゃ動いた日。

普段パソコンの前で、デザイナーから上がってきたデザインカンプをマークアップする私からしたら、まぁ、むちゃくちゃ動きすぎだ。

 

というわけで、月に数回はこういう日がある。動く日がある。

 

先日、こんなツイートを見ました。

もっとたくさん出回っていて、日々twitterを見てびっくりしてます。

なんなんだ、Pokemon GO。

 

 

そして、ようやく日本でも始まりましたね。 

 

f:id:kuraruk:20160722191152p:image

ヒトカゲかわいい。

配信直後にすぐに試してみたものの、
アカウント名とアバターの見た目が後々変更出来ない事が分かって、再チャレンジ。

最初のアカウントは削除申請してみてる。

どんな感じのレスポンスが返ってくるのかな、楽しみ。

そして改めて、ヒトカゲ捕まえてみる。よく出来てる。

やり込みはもう少し後で。

でもtwitterや大学同期のLINEからはたくさんの情報が流れてきて、次に何をすれば良いのかには困らない。ありがとーございます!

 

 

そしてここは、エンジュシティ、京都。

ポケストップの場所がめちゃくちゃありますね。チートシティだ。

 

神社仏閣に珍しいポケモンが出るかもしれない。

美術館も多いので、ドーブルが出たりすると理にかなってる。

私はアルフの遺跡でアンノーンが見たい。(たぶん奈良)

ウバメのもりでセレビィが見たい。(たぶん和歌山)

そもそもの観光客が多いので、もっとたくさんの人がこの街に、ごった返すのかなぁ、やめて欲しいなぁ。笑

 

でも何事もやり過ぎてしまうと、本来そこにあるものに盲目になってしまう。

それは避けたいことだなぁ。

 

 

私は、ポケモン世代です。

黄色いGBポケットポケモン赤を誕生日に買ってもらってから、全作どちらかのバージョンをプレイしています。

「どのポケモンが好きか」と問われると、近年はロトム一択。本当に現実にいるのであれば、常に横にいてもらって、何かある度にフォルムチェンジし続けて欲しい。でんき・ゴーストは私にピッタリ。きっと良き最強最高パートナー。

ハートゴールドデンリュウが後ろについてきた時、大歓喜でした。

ミューツーの逆襲を見ながら課題制作していた学生時代もありました。

ラティオスラティアスの映画に影響されて、どうしてもベネチアのゴンドラに乗りたくてイタリアへ行った人間です。あれは本当に最高でした。

はい。サン・ムーン楽しみですね。

 

 

そんな私ですが、人混みが苦手だったりします。

人が多過ぎると気持ち悪い。

京都はちょうど祇園祭。繰り出すと毎回疲弊する。

なので、たくさん巡りたい時やじっくり物事を見たい時は、人混みを避けて行動する。

 

Pokemon GOやる時も、思いっきり街中ではしないかもしれない。

いつもなら発売当日に深夜徘徊でもしたいところだけど、最近ゆっくりしたくて、ダウンロードしたけどまだ街中でやる気がおきない。

気持ち的には、Pokemon GO Plusが発売してから本格スタートしたいなぁ、なんて。

。。。と思いつつ、明日寝て起きたら、やっているのかも。

 

 

私は悪というか、天邪鬼なので、

実家に帰った時に、車で10分もかからない砂丘に行って、

サンドやフライゴンでも捕まえようと思います。

これでシンボラーとか出てきたら、分かってるよね、ポケモン

鳥取という場所は、田舎なんですが、山も海もあって、程よくいろんなたくさんのポケモンを捕まえられるといいなぁ。一夏の冒険をするにはもってこいの土地です。

Pokemon GOの影響で人が多く無いことを祈る。

そして、やっぱり第1世代のポケモンしか出てこないのかなぁー。

ヤンチャムとか捕まえたいです、私は。

 

 

そして、行った先々で"Moves"を見返して、

「今日はこれだけ動いたのか〜Pokemon GOもやってたし、電池消費率高くて道中困ったな〜笑」

って思う未来でありたい。

のめり込むのもいいけど、一歩引いた目で、

「あぁ、そういう視点もあって面白いものですね。」

と。

 

現場からは以上です。

後は、スマホの見過ぎて、事故らないように、Pokemon GOをやる人もやらずに街中を動く人もご注意を。

 

お題「ポケモンGO」