読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kuraruk.blog

見聞きして考えた事を綴ってます。趣味です。

脳内スイッチはどの仕様にすべきか

DRAWING THINK MEMORIES

f:id:kuraruk:20170215025411p:plain

「やる気スイッチ」は無いと思ってる。
過去の自分がそう言ってたし、知人の文章を読んで激しく頷いたからだ。
でも「脳内スイッチ」はあると思ってる。

 

私は頭の中に引き出しやスイッチがゴロゴロと転がっているタイプの人間だ。

 

「今は構築をしないといけないな。よし、プログラミング言語のスイッチを入れよう。」
「あの企画をやっていきたい。よし、脳内を徘徊するために、探索ツールのスイッチを入れよう。何と何を組み合わせたら面白くなるか、見つけてみよう。」
「今日は脳内にある何かを文章にしてみたい。よし、書き物スイッチを入れよう。」
「あぁ、今日は手を動かしてイラストを描いてみたい。たまには色鉛筆も使いたいなぁ。よし、画材の引き出しを開けて、スイッチを入れよう。クーピーとか、クレパスあったら、最高だけど思い出せるかなぁ。」
「映画見たいな。とりあえず、今ONになっているスイッチ全部OFFにして、世界観に浸ろう。」

と自分自身の中で脳内会議をして、スイッチをパチパチとON / OFFしている。
それが昔から当たり前の行為で、今まで何一つ疑問に思っていなかったものなのだ。


そうではあるのだけれど、少し最近、業務で多忙。正直なところ、日常生活はかなり疎かにしている。でも、とりあえずまだ生きてるから良いかな、という気持ち。

多忙過ぎる中で、自身のコントロールが出来ておらず、そのスイッチの切り替えがしんどくなっている。
おそらくかつてないスピードでスイッチのON / OFFが行われていて、パチパチと目まぐるしく、脳内を駆け巡る。寝ても寝ながら回転を続けているようで追いつかないし、久しぶりに10時間以上睡眠したいけれど、状況がそれを許してくれない。そもそもこんな文章書く時間を作るなら、他の事をしろよ、という話だけれど、これをしないと私の精神は既に崩壊しているし精神保つ方法の一つなので許してくれよ、とも思う。

そのON / OFFをする行為をやめれば良い話ではあるけれど、それをしてしまうと、私は私ではなくなるし、そんな私は面白くない。
誰かに助けを求める話ではないし、自身でなんとかしないとな〜と考えていたら、「あぁ、こういうことなのかな。」って事を思いついた。

 

 

そう、私のスイッチの形状は全て、壁際にあるスタンダードなスイッチだったのだ。言ってしまえば、ON / OFFしか出来ない単純な機能のもの。1日の内にON / OFFを繰り返すと電球の寿命は縮まり、交換を余儀なくされる。それと一緒の状態なんだろう。

でも自分の脳内スイッチを消すことは出来ない。じゃあ、どうすれば良いか、って考える。スイッチの形状に目が移る。スタンダードなスイッチだけが壁際のスイッチではない。先のツイートで述べたような段階的なスイッチもあれば、クルッと回せるツマミのようなスイッチもあるのだ。他にもあるけれど、壁際のスイッチって、1つだけじゃないんだよな〜なんて。

自分の中にある要素を消してしまうのは勿体無いけれど、自分の中にある要素をアップデートする事は誰しも出来るはずだ。
このスタンダードなスイッチを、1から100まで、全ての仕様を変更するには時間がかかるだろう。だけど取り急ぎ、よく使うスイッチについては仕様を変えてみるのだ。縦に移動させるのか、円を回すのかは、好みの問題なんだけども、とりあえず段階的な機能がついたフェードイン / アウトが出来るものに。そしたら少しは省エネだとか、なんだとかで、寿命が伸びるんだろうし、上手く使えるようになるんじゃないだろうか。

変えたばかりで上手くコントロールは出来てないけれど、少しずつ練習すれば出来るようになるはずで。これが上手い事いけば、もっといろんな事が出来るようになるはずだし、それはそれで楽しそうな事が待ってるなぁ、なんて思いながら文章を書くスピードも速めている。要は慣れなんだと思ってる。

日々の中で新しい物事に取り組む余地を生み出していきたい。余地はいろんな余裕を生む。いろんな助言があったとしても、自分を変えるのは誰でもなく自分だ。そしてそれに気づく余裕すら無い自分なのなら、一旦全てをOFFにしても何ら問題は無いと思う。

私は全てをOFFにし過ぎて休養を取っていた時期もあったんだけれど、ONの中でしか気づかない人間のようだった。OFFになった時に「そのクララさんは誰も望んでいないので、少しでも良いから動いてくれませんか。」と言われたのは、そういう事なのかもしれない。良くも悪くもその一言を投げかけられた3年前から、よくここまで回復したなぁ、なんて思ってる。

なので、私は上手い状態のしんどくないONを見つけていく、それでしかない。頃合いのONを見つけた人間が一番強いのだ。良いパフォーマンスが発揮できる状態を模索していきたい。

---

というのを最近余力があれば考えているのですが余力があれば書きたいAM3:00(170215 3:00)
イラストだけ先に晒していたけれど、文章も追記しました。もっと早く書けるようなりたい。(170215 13:45)