読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kuraruk.blog

見聞きして考えた事を綴ってます。趣味です。

それをあげたいと思った

DAY REPORT THINK

f:id:kuraruk:20170219025621j:image

カラフルなバイカラーのバブーシュを買ってしまった。

初めて立ち寄った店。その期間しかしていない展示。偶然だけど、その空間、その時間に私はいる。

f:id:kuraruk:20170219025514j:image

カラフルなバイカラーが広がる。どれも可愛くて目移りしてしまう。ただの一目惚れ。

良いな、良いなと見ていたら、これは誰のために選ぶんだろう、とふと考えた。

自分も履きたい。でも、誰かにも履いて欲しいなぁ。誰かなぁ。父さん、この前誕生日だったなぁ。父さんにあげるなら、母さんにもあげたいなぁ。あ、弟、進学するんだった。お祝いあげないとなぁ。あ〜おばあちゃんにもかな、どうかな。

なんて連想ゲームが脳内に広がる。

日常的に使うスリッパだ。素材も良いし、革製だ。長く使って欲しい。大切な人達の日々に彩りを与えたい。

 

そしたら不思議なものでその人のカラーが浮かんだり、履いて欲しい色が自ずと決まってくる。履いてたら良さそうだなぁ、なんて妄想をして。

 

私自身は、どうしようかとかなり悩んだ。好きな組み合わせがあったけど、サイズが無く。グレーとオレンジが欲しかったなぁ。

じゃあと思って、あえてオレンジが入った物を選ばずに、モノトーンな物にした。

長く使えそうだなと思って。墨の色はやはり好きだ。

 

私の服装は、バイカラーワンピース、バイカラータイツで、絵に描いたようなバイカラー人間だった。

作家さんにインスピレーションを与えたようで、「次にこの組み合わせ作って見ますね!」なんて言われて笑ってしまう。

 

途中で何足も選びだして、心配されたのか「気になる物があれば履いてくださいね」と聞かれた。

「あまりにも素敵なので、家族にもあげたいと思ったので、選んでます!」と返す。

シンプルな行動だ。あげたいと思ったから選ぶ。

あげる時には手紙も添えよう。良いと思ったから良いんだ、という言葉は、とても大切なように思う。感性は大切な何かで磨かれるのかもしれない。

 

こんな事を書いていたら、社会人一年目に、弟と従弟の進学祝いでnoonの腕時計をプレゼントしたを思い出した。もう4年も前の話だ。

その時もあげたいからあげた、だった。

プラスチックのシリーズなので長くは持たなかったらしいけど、二人とも壊れるまで使ってくれた。

美大に行った姉(従姉)から一生に一度貰えるか貰えるないかの貰ったプレゼントとして、今も捨てずにしまってくれてるらしい。嬉しい事だ。

 

**********

 

これを選んでる最中、偶然友人から連絡が入り、合流して二人で話をしていた。

誘い方は「夢にクラちゃんが出てきたから。」という、なんとも粋なものだった。

「なんで夢に出てきたの?」

「寝る前に友達と話をしてたんだ。クラちゃんが私の事を下の名前で呼び捨てにするじゃん。それがなんでかね、それは私だけなのかね、って。だから気になって、夢で聞いてたの。」

「そしたら?夢の私は、なんて?」

「他にもそうしてる子もいるし、呼びたいからそうしてるんだ〜って。」

「笑った、なるほどね。じゃあ、イメージのままやね。他にもそうやって呼んでる子いるよ。下の名前で呼び捨て。苗字呼び捨てもあるし、あだ名もあるし、"ちゃん"、"くん"もつけてるよ。その人に合った呼びたい名前を呼んでるだけ。だから、君には苗字でもなく、"ちゃん"付けでもなく、下の名前呼び捨てなんよ。」

 

それをそうしたい、こうしたい、どうしたいと思う感情は、何事にしても大切な事だと、私はここに残すよ。