kuraruk.blog

čĻ‹čžãã—ãĻč€ƒãˆãŸäē‹ã‚’įļ´ãŖãĻぞす。čļŖå‘ŗです。

🚲🌊

å¤ĸをčĻ‹ãŸã€‚
最čŋ‘よく、å¤ĸをčĻ‹ã‚‹ã€‚
そぎå¤ĸã¯ã€å°čąĄãĢ掋ãŖãĻ、æ˜ŧäŧ‘ãŋぎ時間帯ãĢč€ƒãˆãĻãŋるäē‹ãŒå¤šããĒãŖãĻきた。
13:00-14:00。įœ ãŸããĒる一歊手前。


---


č‡ĒčģĸčģŠã‚’æŧ•ã„でいた。
いつもぎ小垄ではãĒく、čĻ‹įŸĨらãŦロãƒŧドバイクがį›¸æŖ’。
おこかとおこかがくãŖついたようãĒ、æĩˇå˛¸é€šã‚Šã‚’čĩ°ã‚‹ã€‚

åŗ手ãĢčĻ‹ãˆã‚‹æĩˇã¯ã€įœŠã—く光る。
ãģんぎりとしたæŊŽãŽéĻ™ã‚Šã€‚きãŖとæ—ĨæœŦæĩˇã ã€‚
ãĒんだけお、こんãĒãĢも大きãĒæŠ‹ã‚„é“čˇ¯ãĢ、æ—ĨæœŦæĩˇã§ã¯ãŠį›ŽãĢかかãŖãĻãĒい。
å¤Ēåšŗ洋やį€Ŧæˆ¸å†…ãŽæ™¯č‰˛ãŒæˇˇã–ãŸã‚ˆã†ãĒ。そんãĒįŠē間。

å¤ĸだとは気äģ˜ã‹ãšã€
ワクワクしたį›Žã§ã€ã‚­ãƒŠã‚­ãƒŠã—た世į•Œã‚’、č‡ĒčģĸčģŠã§æŧ•ãã€‚

åˆ†å˛į‚šãĢåˇŽã—æŽ›ã‹ãŖた。
į§ã¯ã€åˇĻãŽé“ã‚’é€˛ã‚“ã ã€‚
前ãĢはčĒ°ã‹ãŒã„た。ãƒĒãƒŧドしãĻいるīŧŸä¸Ļčĩ°īŧŸ

æŧ•ãã€‚
違和感をčĻšãˆã‚‹ã€‚
ãĒんだろう。これäģĨä¸ŠčĄŒãã¨ãƒ€ãƒĄã‚‰ã—ã„ã€‚į›´æ„ŸãŒãã†č¨€ã†ã€‚

「違うãĒぁ。」
とåŖ°ãĢå‡ēしたįžŦ間、į§ã¯ã“ãŽåˆ†å˛į‚šã‚’、数回įĩŒé¨“しãĻいるäē‹ãĢ気äģ˜ã„た。

「あれ、įŸĨãŖãĻるぞ。」
į§ã¯ã€ã‚ãŽåˆ†å˛į‚šã‚’毎回、åŗぎ道ãĢé€˛ã‚“ã ãŽãĢ、ãĒぜåˇĻãĒんだろうか、と。

ãƒ€ãƒƒã‚ˇãƒĨでæˆģる。
å…¨åŠ›å‰é€˛ã€‚
æˆģれæˆģれ。

åˆ†å˛į‚šãĢæˆģる。
č‡ĒčģĸčģŠãŽãƒãƒŗドãƒĢãĢ項垂れ、攚めãĻčģŠäŊ“ã‚’čĻ‹ã‚‹ã€‚
それはいつもぎ小垄ぎ、嚴å­Ŗがå…ĨãŖた、少しボロボロぎį›¸æŖ’。

 

「ん。äŊ•ã§æˆģãŖãĻきたんīŧŸīŧŸīŧŸã€

éĄ”ã‚’ä¸Šã’ã‚‹ã¨æŠå¸Ģがいた。

「。。。さぁ〜。äŊ•ã§ã§ã—ょうね。」

ニヤãƒĒとįŦ‘ãŖãĻ、į§ã¯ãžãŸãƒãƒŗドãƒĢをきãŖた。