kuraruk.blog

見聞きして考えた事を綴ってます。趣味です。

やらない後悔より、やった後悔を。

「後で悔いる」と書いて「後悔」。

「悔いる」
自分のした行為について、まちがいや悪い点があったことに気づき、残念に思ったり反省したりする。後悔する。

うん。結局、後悔だ。
いつも、その時のターニングポイントを振り返って、残念がるものだ。
「何故、あの選択をしなかったのだ。あの手を振り払ってしまったのだ。」
と。

今、私は、そういったターニングポイントの上にいて、過去の自分が立てたマイルストーンの上にいる。

別にやらなくても良いことなのだ。
過去の自分が立てたもので、本来ならば勝手にさせておくものなのだ。
勝手に出来上がったものを「ぉ〜出来たね。良かったよかた。」と言ってしまえば、それで良い物事でもあるのだ。

それでも私は、関わる道を選んだ。
そしてその道中で、この文章を書いている。
おそらく末を見届けた時に「何故、あの手を取らなかったのだろうね。」と目前で言う未来が嫌なんだと思う。
ただそれだけなんだろう、と思う。

「あぁ、あの時、何であんなに言い合ったのか分からないけどさ。楽しかったよ。ありがとう。」

その言葉を言えたら、本望だ。
そして過去の後悔を、向き合える今で消化している。

やった後悔をしよう。その気持ちだけで、賽は投げられたのだ。
駒は進んでいく。
立ち止まる事は、過去の自分が許さないだろう。未来の自分が良い顔をして泣けるように、今の自分が遂行していく。
そういう過去と今と未来の関係で良いんだろうさ。と思いながら、目をつぶって、目的地へ向かう。

 

# もし、未来の私がこの文章を再読するとしたら、きっと私はまた迷ったり立ち止まったり悩んだり病んだりしてるんでしょう。
# でも、今の、これを読んでる未来の私の心のままに進めば良くてね。
# つかれた時は休まないと、さらに未来の、明日の私は、動くことすらできないから。
# 過去の私達というのは、今よりも、もっと横暴で、何かを今の私達に押し付けようとするんだけど、全てを選ぶ必要はないから。
# ただ、私達は、今の私達はこう思ってたりするんだけど、それを踏まえて未来の私が新しい道へ進む事を望んでるの。
# 不安要素や心配事も増えていくんだけど、そこに集中しちゃうとマイナスに転じるだけだから。
# そうならないように、前を見て、楽しむ活路を切り開いていきなよと。
# 今の私は、ここに記しておくから、安心して眠ればいいんじゃないかな。ね?笑