kuraruk.blog

見聞きして考えた事を綴ってます。趣味です。

7月の手招き

久しぶりに夜の街を駆け抜ける。

自転車で、シュッと。

アルコールは飛んで、視界はクリア。

酔い濁った視界は好きじゃない。

 

視界の中に飛び込んでくるものがある。

提灯。

大通りからちょっと入った商店街。

大通りに出るまでの商店街。

アーケードの下に、でかでかとぶら下がる。

灯らずにスヤスヤと眠る提灯。

 

私はそれを見て、

「7月が手招きしてるみたい。」

と思った。

 

6月の終わりを感じるのでなく、

もうすぐ来る7月を感じた。

 

四季をあまり感じなくなった。

この世界は終わりに向かってると思う。

いつ来るか分からない、突然来るかもしれない。

終わり。

 

人は終わりに向かって進むんだけど、

365日と12ヶ月と1年を

数として捉え、感じる事は出来るのだ。

 

梅雨も夏も、もう分からないや。

ただ確実に、7月は手招きをしている。

それだけで十分なんだよ。

 

f:id:kuraruk:20170629025154j:image

広告を非表示にする