読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kuraruk.blog

見聞きして考えた事を綴ってます。趣味です。

「ファッションは最速の言語だ」

DRAWING DAY REPORT MEMORIES THINK KYOTO

f:id:kuraruk:20170212193432p:plain

彼は私達にそういった。

彼は私達に問いかけるように、私達とコミュニケーションをするように話している。

だけど、私達は彼の連想ゲームを目の当たりにしているだけ。

私は、面白過ぎて手記が止まらなかった。この時間のメモを、PCを開いてタイピングでとるのは、逆に失礼に値する。というか、最早手記ではなく、彼の話にしっかりと耳を傾けた方が良いんだ。と気づくと、自然に手が動く。iPhoneのボイスメモを立ち上げる。

声を残す、という安心感が生まれた事で、目の前の情報にようやくついていく覚悟が出来た。

彼は、本当の芸術家だ。

私の経験と知識がまた上書きされた。

 

 

*****

 

 

忙殺されて、あの日々の感動が徐々に劣化しているように思う。

一通りコミュニケーションをとりたい方々にはお礼が言えたけれど、ちゃんと自分の中でまとめきれていない。

記憶が劣化しないように、脳内と心の引き出しに、壊れないように閉まっておく。それが今取れる良策である。

「終わった、終わった。」と達成感で満たされるだけじゃなくて、「じゃあ次をどうする?」は見ておかないと。それをしておかないと消費するだけの人間だ。それは嫌なのだ。

 

物事をブラックボックスに入れてばかりではいけないんだろう。誰しも、ドラえもんの4次元ポケットみたいな自分だけの秘密のポケットはあるものだ。でもそんなポケットだって、映画や大事な場面では、肝心な道具はいつも出てこない。ドラミちゃんは、的確に出してくれる。

散らかった状態は"悪"ではないと思う。その方がパフォーマンスの良い人間はいくらでもいる。身近にもいるし、私もその類の人間だ。

とは言えど、やはり人に説明出来ないと意味ない事もある。

自己中心の素質があるならば、自分だけを守る自己中心になってはいけない。何かに還元する、何かを守れる自己中心でいなければ、本当の自己中心になってしまうだろう。

 

 

*****

 

 

数年前までオレンジキャラだった。

衣服の一部にオレンジ色の何かを身につけ、人に印象を与える。アウターやパンツ、スカート、マフラー、リュック。。。全身オレンジ装備が出来るぐらい何かしらアイテムがある。当時はアウターやリュックで印象付けていて、「オレンジさん」「オレンジの子」で覚えられていた。

最近は、この7,8年ほど愛用しているnoonのオレンジの腕時計や靴下や靴など、ワンポイントで収まっている。とか、抑えている。その方が好きな服を着れる。

オレンジに助けられた事も多い。だからこそ、今は着たい服が着れる。

「ファッションとは、言葉を発さなくても、見ただけで分かる最速の言語だ。」

着飾らなくて良い。自分が長く付き合える、着たい服を着よう。その方が余程、自分らしい。

f:id:kuraruk:20170212193542p:plain